« 風雲千早城(1477) | トップページ | 風雲千早城(1479) »

2011/02/01

風雲千早城(1478)

今日も農耕的に仕事をした。

・昨夜は寝入り端(ばな)に幼虫が帰宅。寝ていた二女と口喧嘩になり、何やら怒鳴り散らしていた。

・午前11時に妻に起こされて起床。

・昼食を摂り、地下鉄要町駅にある郵貯のATMにお金を振り込んだり、SUIKAのチャージをしたり。

・こんな描写してもジュール・ヴェルヌ時代の未来小説ファンは作家が何を言ってるのか絶対に理解出来ないだろうな、と、ふと思った。

・午後2時に日大板橋病院へ。本日は脳外科の外来なり。

・少し待って、わたしの番になる。主治医に「漢方は止めて新薬にしてみるから」と言い渡された。なんでも痙攣発作(癲癇発作)を抑制する画期的な 新薬が出来たのだそうだ。これは大発作(癲癇状態)だけでなく、小発作(気を失ったりする発作)も止めることが出来るという。こっちはモルモットの身なの で、「試しにやってみましょう」と言われれば「はい」と応えるしかない。

・診察が終わったら、知らないお婆さんに親しく話しかけられ、2歳くらいの女の子に手を振られる。なんとなく「人に好かれるオーラ」が出ているらしい。いいことだな。

・要町に戻り、薬局へ。やはり新薬の用意がなかった。仕方ないので「明日まで待つ」と応える。

・帰宅後、コーヒーを飲んでくつろぐ。

・業務連絡が多数入っていた。コーヒー飲みながら片づける。

・沢山寝たので気分が良い。

・森瀬さんから電話。近く一緒に飲もうと話す。

|

« 風雲千早城(1477) | トップページ | 風雲千早城(1479) »

コメント

こんばんは。またおじゃまします。
 1日のログで、「お酒が飲めないので烏龍茶」と書かれてましたが、それではノドが渇くのは当然なので、他のモノをお勧めします。烏龍茶はよく言われるように、油脂成分を洗い流す効果がある為、油っこい中華料理の時にはあまり感じませんが、それ以外の時に多量摂取すると、ノドの潤いが押し流されて乾燥し悪影響を及ぼすそうです。実際、ウチの母はノドが弱いので、絶対飲まないようにしています。また、ノドを大切にする歌手は烏龍茶は飲まないとも聞いております。
それでは失礼します。

投稿: 這い寄る混沌 | 2011/02/03 02:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25199/50749568

この記事へのトラックバック一覧です: 風雲千早城(1478):

« 風雲千早城(1477) | トップページ | 風雲千早城(1479) »